本日のピックアップニュース

     芸能ニュース

    カテゴリ: 女優

    32483e04-s


    1: 名無しの記者 2016/04/13(水) 21:08:01.64 ID:ydzJvyKj0.net
    「深きょん可愛すぎ本当に30超えてるように見えない」
     “深田恭子の作り方”なるものもネットで出るほどだ。


     その深田恭子(33)がいよいよヌードになるのでは、という情報をキャッチした。美貌と熟しきった肉体は、まさに女神だ。

     そんな彼女は、'14年に一部雑誌で下着姿を披露して以来、豊満なボディーをもて余している状態だ。
     「本人は下着の“食い込み”くらいの露出は了承しているといいます。もともと水着巨乳キャラで人気が出たし、映画『ヤッターマン』ではハイレグボンデージも披露している。

    実は、芸能人がヌードを発表することで有名な女性誌で、全裸ヌードを披露するというんです。発売は誕生月の11月とされ、すでに極秘で撮影済みと聞いています」(写真集編集者)
    http://wjn.jp/article/detail/1960984/




    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1460549281/

    続きを読む

    1: 名無しの記者 2016/04/12(火) 10:36:22.16 ID:ZxMWEwpTd.net
    番組では、広瀬がゲストで登場し、トークを繰り広げる中、MCの上田晋也が好きな男性のタイプを尋ねた。

    この質問に対して、広瀬は少女漫画のキャラクターに憧れることがあると明かす。中学生のとき、周囲の友だちが「彼氏が欲しい」と言いはじめたため、広瀬自身も彼氏が欲しいと思ったそうだ。しかし「でもできないし…」と諦めようとした。

    しかし、そのとき「妄想彼氏を作ればいいんだ!」という発想に至ったそう。これには上田も「はい~?」と怪訝そうに返した。

    さらに広瀬は「妄想彼氏で、ヤガミ・シンくんという彼と付き合いました」とキッパリ。上田が「名前付いてるの? おやおや、これはかなりの重症ですよ?」と呆れるも、
    広瀬は「会いたいときに常に会えるんですよ」「授業中でも会えるんですよ?」と譲らない。この妄想を通じて、「恋愛って素敵なんだ!」という発見に至ったそうだ。


    そんな広瀬だが、実際の恋愛について聞かれると、「好きな人とかできたら楽しいですよね。学校の友だちとか見てると」と答えるにとどまっていた。

    【参考画像】
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title




    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1460424982/

    続きを読む

    hqdefault


    1: 名無しの記者 2016/04/08(金) 10:37:07.78 ID:CAP_USER*?2BP(1000)

    カップヌードルのCMに関するお詫び

    この度、3月30日より開始いたしましたカップヌードルの新CMに関しまして、お客様からたくさんのご意見をいただきました。
    皆様に、ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます。
    皆様のご意見を真摯に受け止め、当CM、「OBAKA's UNIVERSITY」シリーズの第一弾の放送を取り止めることに致しました。
    今回のCMのテーマであります、「CRAZY MAKES the FUTURE.」のメッセージを伝える「OBAKA's UNIVERSITY」シリーズは、若い世代の方々にエールを贈ることが主旨であり、今後も、そのテーマに沿って、このシリーズをよりよい広告表現で、引き続き展開してまいります。この度は、誠に申し訳ございませんでした。 



    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460079427/

    続きを読む

    1: 名無しの記者 2016/04/08(金) 01:23:53.31 ID:CAP_USER*.net
    週刊実話

    自己保身のみを目的に、思うがままに毒を吐き続ける『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音(27)に対し、ベッキー(32)がついに怒りの鉄槌を下す。

    なんと、一連の不倫騒動の経緯を赤裸々に綴った手記を大手出版社から刊行すべく準備を進めているのだ。

    「出版化の話はベッキーが不倫騒動で休業してからすぐに出た。ところが、最初に上がってきた原稿は手記と呼ぶには程遠いレベルのもの。
    肝(キモ)になる不倫については3ページ程度しか書かれていなかったんです。正直、あまりのつまらなさに出版化見送りが半ば決まりかけていた」(関係者)

    スキャンダル発覚後、実家にこもり時がすべてを解決してくれることを祈り続けていたベッキー。
    しかし、そんな彼女を激昂させたのが、川谷が『週刊文春』(3月17日号)の取材を断りもなしに受けたことだった。

    「要は、川谷は『週刊文春』と手打ちをしたということ。
    今後2人のスキャンダル事件の続報があったとしても、川谷に関する致命的な報道はなされないし、川谷も自分にメリットがないと取材を受けません。
    実はベッキーは、まだ川谷を信じようとしていたんです。しかし、あの記事で川谷のゲスの本性にようやく気がついたというわけです」(事情通)

    川谷に対し反撃を誓ったベッキーは、テレビ出演が可能であれば条件の一つに不倫事件について話すことも承諾しているという。
    「現在、『しくじり先生』(テレビ朝日系)、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)などが有力候補に挙がっています」(編成関係者)


    一方の川谷は、すでにこの情報に怯え始めている。…

    「出版だけでなく、テレビでもベッキーの口から川谷の口説きの手口や不倫の全貌が明かされれば、アーティストとしては終わり。
    彼の毒舌は一方通行だから色々な憶測を生み、話題になってきたが、それはベッキーが沈黙し何も語らないことが大前提にあったからです。
    彼が最も恐れるファン離れが一気に加速しますよ」(関係者)

    今のベッキーに怖いものはない。

    週刊実話 2016年4月6日 15時00分 (2016年4月7日 14時34分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160406/Weeklyjn_10316.html?_p=2

    写真
    no title




    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460046233/

    続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング